副作用が起きる人は豊胸可能な人?副作用はどうしておきるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る





バストアップサプリで副作用が起きてしまう大きく分けると3つの理由があります。

 

①バストアップサプリを飲む量が多すぎた!
②バストアップサプリを飲む時期が適切ではなかった!
③バストアップサプリの配合されている成分があなたの身体に合わなかった!

 

それでは、一緒にひとつずつ見ていきましょう!

 

バストアップサプリ

  • 飲む量が適正量ではなかった

バストアップサプリにはそれぞれの商品ごとに適正量が決まっています。
早く胸を大きくしたいから適正量よりも多く飲んでいたり、昨日飲み忘れたから2日分飲んだりすると、副作用が起こる可能性が高くなります。

 

バストアップサプリの副作用のリスクを減らすために、メーカー推奨の適正量はしっかりと守るようにしましょう。もしあなたがこれまでバストアップサプリを飲んだことがなく、初めてバストアップサプリを飲むならば、適正量の半分くらいから飲み始めると副作用のリスクは更に低くなります。

 

  • 飲む時期が適切ではなかった

ほとんどのバストアップサプリメントは、プエラリアのような女性ホルモン作用のある成分が含まれています。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、バストアップサプリにはこのどちらかのホルモンに似た成分が配合されているので、豊胸効果を実感できるという事ですね。

 

このエストロゲンに似た植物性エストロゲンが含まれたバストアップサプリを飲むと効果的な時期は生理周期の卵胞期。
反対に、プロゲステロン作用のある成分が含まれたサプリは、黄体期に飲むと効果的とです。

 

プエラリアなどの女性ホルモンエストロゲンの作用のある成分を含んだバストアップサプリは卵胞期に飲み、ワイルドヤムなどのプロゲステロン作用のある成分を含んだサプリは黄体期に飲むと副作用が起きにくくなります。

 

この飲む時期を間違えてしまうと、本来のエストロゲンとプロゲステロンの割合のバランスが崩れ、副作用が起きやすくなるります。

 

  • 配合されている成分が体に合わなかった

サプリに含まれている成分があなたの体に合わない場合、副作用が起こる可能性があります。

 

例えば、プエラリアはマメ科の植物ですので、豆アレルギーのある人には合いませんし、ワイルドヤムは芋アレルギーの人には合わず副作用が起きることがあり得ます。

 

アレルギーでなくても身体に合わなかった場合、何らかの副作用が身体に現れる場合がありますので、その際は使用を中止しましょう。

 

バストアップサプリメインへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る