プエラリアの1日の摂取量目安とバストアップサプリを飲む年齢は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る





プエラリアの副作用がおきる原因の代表格は過剰摂取!

 

副作用がおきた原因プエラリアの過剰摂取

 

「バストアップ効果があるから、高含有量プエラリアを沢山飲もう!」という考えは大間違いなのです!沢山とれば良いってもんじゃありません。

 

プエラリアの過剰に摂取によって女性ホルモンのバランスが崩れバストアップどころか副作用を招いてしまうからです。

 

プエラリアの1日の摂取量目安ってどのくらい?

 

プエラリアの1日の摂取量の上限は100mg~400㎎と言われています。

 

しかし、実際は摂取量の上限は明確には今のところ定められていないのが日本の現状です。
プエラリアの原産国であるタイではプエラリアを配合したサプリメントでの1日の摂取量が100mgまでと決められているようです。
食品での摂取量は200mgとなっています。

 

日本のバストアップサプリは、プエラリアの配合量が1日100mgを超えるものがほとんどです。
しかし、サプリメントの製造過程での研究・検証を踏まえたうえで製造されていますので副作用が起きない程度の摂取量にはしてあります。

 

また、個人差もあり1日400mg以上のプエラリアを摂取しても、副作用が出る女性もいれば出ない女性もいます。
摂取量の上限は目安として参考にして下さい。

 

日本では「一日の摂取量は400mgを超えない方が良い」と厳密には定められていませんが、各メーカともこの基準を元にサプリメントの含有量を調整して、1日の摂取目安を設定しています。プアエラリアが女性ホルモン分泌に影響するのは間違いないので、安全に摂取するためにはメーカー推奨の用法を守ることがとても大切です。それより少量は問題ありませんが摂りすぎは副作用を招く原因にもなりかねませんので十分注意しましょう。

 

LUNA(ルーナ)は極めて副作用が出にくい!
【生理周期に着目した、新発想の人気上昇中バストアップサプリです!】
世界的に有名なタイの【国立カセサート大学】で栽培されたタイ政府公認の高品質プエラリアを使用!

 

LUNA 美bodyゲット今だけキャンペーン中

↓↓生理周期に着目したルーナの詳細を見てみる↓↓

ルーナ,LUNA,最安値,バストアップ,効果,楽天,amazon,口コミ

 

女性ホルモンの過剰分泌で起きる副作用とは・・・

 

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 睡眠障害

等が、あげられます。

 

バストアップサプリ

 

副作用がおきた原因プエラリアを摂取した年齢

 

一般的に10代~20代の女性は、女性ホルモンの分泌が十分に足りていると言われています。女性ホルモンの分泌が減少してくるのは35歳ぐらいからと言われており、40代になると女性ホルモンの分泌が急激に減少し始めて、ホルモンバランスが乱れてイライラが増したり、肌が乾燥したり、肌トラブルなどの悩みが深刻化し不調を招きやすくなるようです。

 

このような、様々な不調は女性ホルモン分泌が減ってきている証拠ですのでこの時期にプエラリア配合のバストアップサプリで悩みが緩和されると言った事実もあります。

 

女性ホルモンが十分足りている年齢でプエラリアを摂取すると、女性ホルモン分泌が過剰な状態になります。
女性ホルモンの過剰分泌が続いてしまうと、病気のリスクも高くなってきます。

 

また、生理不順や生理が来なくなるという副作用にもつながってしまいますので注意が必要です。

 

※また、これから妊娠を考えている方、生理中や妊娠中、授乳期も副作用のリスクが高まるので、プエラリアの摂取は控えて下さい。

 

バストアップサプリ

 

バストアップサプリメインへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る