バストアップの近道はバストの仕組みを知ることだった!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る





バストアップのために、まずはバストの構造を知ることが先決です。

CanCam,ViVi,Voce,with,Miss等で有名女性誌で大絶賛!

10年間売れ続けている超人気サプリ!

↓↓レディーズプエラリア99%公式ホームページはコチラ↓↓

レディーズプエラリア99%,最安値,バストアップ,効果,楽天,amazon,口コミ

 

 

バストの構造

 

 

まず、バストの土台となっているのが胸筋です。

 

胸筋の上に乳腺という組織があり、乳腺が脂肪に包まれて柔らかいバストが成り立っています。

 

バストの割合は乳腺10%、脂肪が90%と言われています。

 

即効性のあるバストアップには、この胸筋・乳腺・脂肪の3点をケアしていく事が重要なポイントです。
このポイントを抑えて、効果的にバストアップをしていきましょう♪

 

 

バストアップサプリを飲んで胸が大きくなるっていったいどういうメカニズム!?

 

バストアップサプリには、バストアップ効果の期待ができる明確な理由がありますので、ご安心下さい!

 

プエラリアの働きにより、女性ホルモンの分泌が促進され、乳腺が発達し、乳腺の脂肪組織が増大します。 プエラリアが女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすることによってバストアップするという仕組みなのです。

 

これが、『バストアップのメカニズム』ということになります。

 

つまり、バストアップサプリとは女性ホルモンの分泌をサプリで補うことにより乳腺の発達を促進し、胸の脂肪組織を増やすための健康補助食品ということになります。

バストアップには、欠かせない乳腺の発達の重要性

 

バストの大きさは乳腺の量によって変わってきます。

 

乳腺は乳房のまわりに広がっていて、乳腺葉母乳の分泌や運搬をする働きがあるので、授乳期などに発達してきます。

 

出産の時に胸が大きくなるのは、乳腺が授乳のために発達するからなんです。女性の体って女性ホルモンで凄く変化するんです。

 

この乳腺が発達する事により、乳腺の周りに付いている脂肪も増えていき胸が大きくなります。

 

また、乳腺には乳腺葉というぶどうのような形をした組織とつながっていて、こちらも乳腺の発達に伴って大きくなるのです!

 

胸が内側から大きくなるイメージですね。

 

胸のいちばん内側にある乳腺を発達させることが、まさにバストアップの肝だと言えるでしょう。

 

 

胸を大きくするには脂肪も大切

 

先程お伝えしたとおり、バストの90%は脂肪なので胸のほとんどが脂肪でできています。バストアップには脂肪が必須です。

 

体型を気にしてダイエットをしている方は多いと思いますが、極端に脂肪が少ないと乳腺を活性化しても脂肪も付きづらくなってしまいますので過度なダイエットはバストアップの効果を減らす原因となります。

 

脂肪があることは、女性の象徴ですからね。女性が思っているより、男性は細身の女性より、ある程度ふっくらした女性に魅力を感じる生き物なのです。これも、男性の本能らしいですよ!

 

 

胸を支える筋肉量アップで美しい胸に!

 

いくらバストアップができても、ある程度の筋肉がなければせっかくのバストが垂れてしまいます。
そこでバストアップのポイントとなるのが、大胸筋と小胸筋の強化です。

 

大胸筋はよく耳にしている名前だと思います。あまり聞かない小胸筋とは、大胸筋の近くにある肩甲骨に繋がっている筋肉で、バストを釣り上げて、背中の方に流れないように支えてくれている筋肉なんですよ。

 

バストの土台となる大胸筋と小胸筋を鍛えることで、上向きのキレイなバストを手に入れることができます。

 

逆に、この胸筋が発達していないと胸が垂れるだけではなく左右の乳房が離れてしまったりもします。これじゃ悲しいですよね!

 

バストアップサプリメインへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る